活動概要

fig02

ジャンル不問。自然科学、コンピュータサイエンスなど。
生物部、数学部と積極的に連携を行っており、分野を超えた研究ができます!

1.研究 

小学校の夏休みの自由研究と何が違うの?

それは、期間の長さと、テーマの難易度です!

私たちは大学レベルの研究を目標にしていて、1つのテーマについて1年以上かけて研究をすることがほとんどです。

DSC01291

1469686783434

また、刈高はSSHの指定を受けており、一般的な高校にはまずない実験設備がたくさんそろっています。

私たちはこのとても恵まれた環境に感謝しながら、日々研究をしています。

fig (3)-Resized

.

2.研究発表 

研究をしたら、その成果を外部に発信します。私たちは年5回ほど研究発表のイベントに参加しています。

fig-Resizedfig (2)-Resized

刈高物理部の研究発表は非常に有名で、数々の著名な方にお褒めの言葉をいただいております

その理由の1つは、多くの優秀なプレゼンターが在籍していることです。前部長のT氏や日本学生科学賞(日本で一番大きな学生の研究フェア)で全国トップ10に入ったことのあるI氏、H氏をはじめ、業界ではちょっとした話題を呼ぶようなプレゼンターが数多くいます。

2014年3月にはイギリスで研究発表を行いました。

fig03-Resized

 

 

fig01

地域の小中学生を対象とし、サイエンスショーや体験イベントを企画、運営しています。
最近では、せいりけん(生理学研究所、岡崎市)や岡崎高校(同市)とタイアップしたイベントも開催しています!

(こちらもいかが?)
2013年の開催内容の紹介ページ
2014年の開催内容の紹介ページ

.

fig03

公式サイトの運営や科学情報誌への寄稿など、科学の面白さをより多くの人に伝える活動をしています。

◆「せいりけんニュース」への寄稿

生理学研究所の発行する科学情報誌「せいりけんニュース」で、「刈高SSHの科学実験教室」を連載しています。

fig02

fig01

(生理学研究所様の公式サイトより画像をお借りしました)

◆サイト運営

今ご覧のサイトの他、多数のインターネットメディアを利用し、私たちの活動を発信しています。

公式ブログ「300文字雑学ニュース」

fig03-Resized

公式Twitterアカウント

fig04-Resized

.

(次のページ)SSHとは

(こちらもいかが?)活動紹介