せいりけん2018_モアレ_様子

【行事レポート】第34回せいりけん市民講座

7/21(土)に岡崎げんき館でせいりけん市民講座が開催されました。

今回は、「いくつ知ってる?トリビアからひも解く心臓のスゴさ!」と題して、

前半は、生理学研究所心循環シグナル研究顧問 助教 富田拓郎氏を講師として、心臓の”心”の字の成り立ち、心臓が魚類から進化する中でどう変わってきたか、哺乳動物間で体重と心拍数・寿命の相関性、そして先生の実験されているラットの受精卵の胚盤胞期にマウスの細胞を注入することで、心臓の細胞をマウスの細胞を増やすことで心拍数が上がりマウスに近くなることなどなど、興味深い話をしていただきました。

後半は、刈谷高校と岡崎高校でのワークショップを行いました。
私達刈谷高校SS部は、大きく3つのブースを用意しました。
・ホログラム
・プリズムで光の成分の説明
・モアレ
●ホログラム

予めカットされた台形のプラスチックをテープで張り合わせて四角錐のような形をつくり、それを暗室のスマートフォンの上に置き、立体に見えるようにしました。

せいりけん2018_ホログラム
せいりけん2018_ホログラム

●プリズム(と分光器と光の成分)

ライトから出る光をプリズムに通して、光の成分についてやホログラムの原理を説明しました!

せいりけん2018_プリズム
せいりけん2018_プリズム

●モアレ(干渉縞)

せいりけん2018_モアレ
せいりけん2018_モアレ

この不思議な模様について説明しました!

縞模様を印刷した透明なフィルムに、更に縞模様を印刷した透明なフィルムを重ねて歪みを加えたり、一方の模様の紙をずらすとモワモワっとした模様が現れます!

せいりけん2018_モアレ_様子
せいりけん2018_モアレ_様子

ちょっとした作り方

この透明なフィルムはOHPフィルムにレーザープリンターで印刷しています。
この模様は、モアレ(moire)…干渉縞を楽しむ – 正多面体クラブを使用しました。
参考になれば幸いです。

全体を通しての感想

前半の講演は、私達の知らないことや先生が研究していることを学ぶことができ、とても興味深く楽しめました。
後半のワークショップでは、謎の模様モアレから、ホログラム、光についてのブースをそれぞれ参加者は回ってくださり、楽しんで頂いたと思います。緊張もしましたが、感謝の言葉をいただけ、とても良い機会となりました。

広告