【行事レポート】平成29年度SSH課題研究交流会

7/27(木)に名古屋大学 野依記念学術交流館でSSH課題研究交流会が開催されました。

今回は、「シャトルコックの劣化が飛行にもたらす影響」がエントリーしました。59957

この研究発表会では、各高校の生徒による自然科学の研究について、名古屋大学理学部の研究者にアドバイスをいただくことができ、生徒自身が研究を深化・発展させる契機とすることができます。また、同時に新たな研究方法を学ぶこともできます。

59958

今年度は、今月の中旬に東海フェスタで出した「シャトルコックの劣化が飛行にもたらす影響」の風洞装置が新たな進展をし、内容の濃いプレゼンをすることができました!プレゼンをする中で、理解が不十分なところや、実験の信頼度をより上げるための工夫が浮き彫りになり、研究に対する好奇心がさらに上がりました。8/8,9,10に兵庫県で開催される全国生徒研究発表会に向け、努力を続けていきたいと思います!

 

広告